FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなる始まり

小林由佳 
命を懸けたLast Live
が終わり

1ヶ月位たったある日
彼女から連絡があった。

その頃の僕は体重が12キロ減り10日以上熱が下がらず医者には極度の神経衰弱と診断されていた。

彼女からのメールには
最近とても傷つく事が有りました。

私は今後もsayYAさんとやって行きたいですが、
もし私と関わりたくなかったら遠慮なく言って下さいね。

そんな内容だった。

直ぐに電話をしてみる。
最近どう?

話しを聞いてみると、今まで彼女を持ち上げていた人たちが、手のひら返したように、お説教ばかりしてくる。

どうして私入院しなきゃいけないんですか?

どうして自由に音楽活動しちゃダメなの?

思い起こせば彼女が6月11日のライブを企画した当初、人からの紹介とは言えスタッフと呼べるのは僕しかいなかった。

そして10社以上の制作会社が彼女を密着したいとのオファーが殺到して全ての人達と会って結局ライブの前にオンエアが決定しているアンビリに決めた。


そして彼女の周りには商業ベースの人達が集まり始め
僕と彼女との間には段々と溝のようなものが出来ていた。

僕の演出プランは3つも4つも却下され。


そしてしばらくしたころ、夜中に彼女から電話が来た。
どうした?

すると、ある人に説教されパニック障害になって呼吸困難だと、直ぐに救急車を呼べと指示したが、少し話して落ち着いたら大丈夫だからと。

3時間以上お互い腹を割って話して

私はこう聞いてますけど!
え?俺はこう聞いてるよ!
もう最後は笑うしかなかった。

そしてLast Liveが終わってからの不安、人間不信等々話しながら、

新しい小林由佳プロジェクトをやろう!

明け方の朝焼けの太陽を見ながら、そう彼女と約束して電話を切った。

そこからの彼女の行動は早かった。

全国ありがとうツアーをやりたい。

日時も場所も主催も決まりました。

あわててYz Bandを再集結させて、

マネージメントして頂ける人も現れ

全国ありがとうツアーが始まった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。